So-net無料ブログ作成

トロケについて [アグラオネマ]

アグラオネマについて、以下のような話が出てきています。

①購入後、育つこともなく溶けた

②養生していったん立ち直って成長していたが、急に溶けて倒れた

③今まで溶かしたことがなかったけど、問題のトロケ株を導入して以来、今まで元気だった株が環境の変化に弱くなり、たまに溶かすようになった




これを、グッピーの置かれている現状に照らし合わせてみます。


私はグッピーの扱いをかなり熟知していますが、それでもホームセンターで買って来たグッピーを無事に立て直すことはかなり難しいです。今でも半分以上は繁殖できずに死なせてしまいます。これは、アグラオネマの①ケースに似てます。


仮に無事に繁殖できたとしたも、水換えのタイミングが遅れたり、餌をやり過ぎたりと、環境の少しの低下で病気(カラムナリス)が発症してしまいます。こんなハレモノ扱いの水槽で飼ってても全然面白くありません。これは②のケースに似てます。


お店で面白いグッピーを見つけ、それを連れて帰り自分ちのグッピーと掛け合わせてみようと繁殖用の水槽に入れたとたんに病気が出てしまったことがよくあります。
さらによく聞く話ですが、水換え用の器具等を通じてヤバい水槽の水が拡散し、長年事故なく飼えていた系統が病弱な系統に成り下がった、ということがよくあるそうです。うーん、③にそっくりです。


どうですか、よく似てると思いませんか。


グッピーは、今までたくさん病気で死なせているのでよく分かりますが、実感として「免疫を落とす感染性のある病原」が存在する可能性は極めて高いと考えています。

一方、アグラオネマを病気で溶かしたことは一度もないので、病気については全く何も分かりません。病気について語る資格無しです。

今回は、あくまで「グッピーの現状」と「アグラオネマの聞きかじった話」がよく似ているので、何かのヒントになればと思い、紹介した次第です。


我が家のグッピーは、病気を持ち込まないように気をつけてから、病気は一度も発症させたことがありません。最後に病気(カラムナリス)を出したのはたぶん1996年くらいです。全ての水槽で親子隔離を実行するというトンでもなく面倒なことをしてリセットしました。それからというものの、ストレスフリーでグッピーを楽しめています。


トロケの件以降、「アグラオネマは水をやりすぎると根腐れをする」とかよく聞きますが、我が家ではそんなに弱い植物と感じたことはありません。流行以前は情報もなく、エキノみたいに無頓着にずっと受け皿に水を溜めてやってたり、水だけを入れた100均のガラス瓶並べて1株から5株以上に殖やしたりと、何やっても溶かしたことはありません。

こんな丈夫な植物がある日突然倒れるとか、「免疫落ちてんぢゃねーの?」って思ってしまうわけです。


1990年代の前半以降、グッピーを始めたばかりの人はほぼ全員、「グッピーはすぐに病気になる魚」だと感じています。アグラオネマの初心者が「すぐ溶ける植物だな」にならないためには、危ない橋を渡らない方が無難だと思います。


結論『持ち込まないのが一番』
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

tyr8718

私がグッピーを初めて飼ったのは1986年の秋でした。
強くて元気で簡単に飼える魚だなぁという感想を持ちましたね。
by tyr8718 (2015-02-17 22:36) 

ちうさい

入門魚と思って購入したのが実は難易度最高峰魚になってますね。
せめて地元だけでも 、と健康なグッピーの普及活動をしてます。
by ちうさい (2015-04-06 16:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。